後遺障害と慰謝料

Pocket

交通事故によって発生することになる損害賠償の種類には他にも多くのものが存在しています。次に紹介するのは、休業損害についてです。この休業損害というのは、交通事故によって働けなくなってしまった時期について、この時期に発生して本来は自分が得る事ができたはずの利益を損害賠償として請求することができる、というものとなります。この場合は、自分の就業形態や給与形態などによって発生することになる金額が左右されることになります。

損害賠償例えば給与所得者が交通事故によって休業を余儀なくされた場合については、源泉徴収などの金額を元にして計算を行なうことになります。有給休暇を使用している場合についても、その分の休業損害が認められることになります。また、専業主婦である場合については、厚生労働省によって示されている賃金センサスというものをベースにして計算が行われることになります。

これとは別に、逸失利益と言うものが発生するケースがあります。これは後遺障害が残った場合に発生するもので、後遺障害が無ければ本来得ていたはずである利益を損害賠償として請求するものとなっています。後遺障害が残るかどうかによって、発生する損害賠償額は大きく左右されることになります。できることなら、1人で示談交渉を行うのではなく、弁護士に相談し慰謝料請求を行うようにしてください。

参考:交通事故被害の慰謝料相談≪アディーレ法律事務所≫