後遺障害と慰謝料

交通事故によって発生することになる損害賠償の種類には他にも多くのものが存在しています。次に紹介するのは、休業損害についてです。この休業損害というのは、交通事故によって働けなくなってしまった時期について、この時期に発生して本来は自分が得る事ができたはずの利益を損害賠償として請求することができる、というものとなります。この場合は、自分の就業形態や給与形態などによって発生することになる金額が左右されることになります。

損害賠償例えば給与所得者が交通事故によって休業を余儀なくされた場合については、源泉徴収などの金額を元にして計算を行なうことになります。有給休暇を使用している場合についても、その分の休業損害が認められることになります。また、専業主婦である場合については、厚生労働省によって示されている賃金センサスというものをベースにして計算が行われることになります。

これとは別に、逸失利益と言うものが発生するケースがあります。これは後遺障害が残った場合に発生するもので、後遺障害が無ければ本来得ていたはずである利益を損害賠償として請求するものとなっています。後遺障害が残るかどうかによって、発生する損害賠償額は大きく左右されることになります。できることなら、1人で示談交渉を行うのではなく、弁護士に相談し慰謝料請求を行うようにしてください。

参考:交通事故被害の慰謝料相談≪アディーレ法律事務所≫

慰謝料の内容

治療それでは、交通事故を起こしてしまった場合、どのような賠償が請求される可能性があるのでしょうか。交通事故によって発生することになる損害賠償として、最初に紹介するのは慰謝料についてです。慰謝料というと損害賠償とは別のものとして考えられる方も多いかもしれませんが、実際には精神的苦痛に対する損害賠償を慰謝料と呼んでいるため、これも損害賠償の一部として考えることができます

それでは、交通事故によって発生する慰謝料としてはどのようなものを考えることができるのでしょうか。最初に発生することになるのは、治療が必要になることになることに対する慰謝料です。病院に定期的に通ったことがあるという方であれば理解できることが多いかと思いますが、決まった間隔で通院しなければならないというのはそれだけで日常生活にとって負担となります。これによって発生する慰謝料です。これに加えて、入院が必要になった場合にも慰謝料が発生することになります。

これに加えて、もう1つ大きな慰謝料として存在しているのが後遺障害慰謝料です。事故によって後遺障害が残ってしまった場合、従来のように身体が使えなくなることによる精神的苦痛が発生することになります。

交通事故と慰謝料

多くの人が自動車を利用して移動するようになったことで、全く無関係ではいられなくなっているのが交通事故です。自分が車を運転する側であったとしても、そうでない側であったとしても、交通事故というのは無関係なものではありません。車が通る場所を移動するだけでも、交通事故の被害者となってしまう可能性があります。同時に車を運転する人は、自分が加害者になってしまう可能性についても慎重に考えながら運転を行なう必要があるでしょう。

事故交通事故というのは、その度合や状況にもよるものの、刑事罰の対象となります。特に危険な運転であることを承知しながらそのような行為を行い大きな損害を与えた場合については、危険運転致死傷罪という刑事罰の対象となることが考えられます。これは飲酒運転などを行っている場合だけではなく、昨今ではスマホを見ながらでの運転などでも考慮される可能性が出てきているなど、ドライバーはよりいっそう運転の安全性に対して真摯に向き合う事が重要になっています。

また、交通事故はこのような刑事罰が存在していることとは別に、民事による損害賠償が発生するものでもあります。この民事による損害賠償についても多くの種類が存在しており、運転を行なう人も事故に合う可能性がある人も、どのようなものがあるのかをある程度知っておく事が重要です。保険に加入していれば保険担当者に代行してもらえますが、やはり慰謝料の内容などについても知っておくべきでしょう。